ボトックス注射の効果期間を持続させるポイント

ボトックス注射の効果を持続させるには

効果を持続させるためのポイント

ボトックス注射とはしわや顔のラインをすっきりさせたり細く見せたい部分に注射をすることによって、筋肉の動きを抑制しほっそりさせることができる施術方法になります。
ボトックス注射の効果期間は大体3ヶ月から半年ほどです。
そのためボトックス注射の効果を少しでも長持ちさせるにはポイントがいくつかあります。

まずは注射を打った箇所の筋肉を使う行為をできるだけ控えるようにすることが大事です。
筋肉を活発に使うことによって筋繊維が育ってしまいボトックスの効果の妨げになってしまうためです。
また注射した箇所をマッサージしすぎるのも控えておきましょう。

さらに次回のボトックス注射を打つタイミングにも効果を持続させるポイントがあります。
ボトックスの効果がまだ残っている段階で再施術を受けた方が効果期間を持続させることができます。
注射の回数を重ねるごとに効果期間がのびていき筋肉を動かさない状態が長く続くと筋肉が弱まり小さくなっていくことで自然にほっそりした状態が続くようになります。

しかし必要以上に短期間に施術を重ねてしまうと体内で中和抗体というものができてしまい全く効果が出ないようになってしまう可能性もありますので過度な施術は行わない方が良いです。

リスクが少なく気軽に行えるので、眉間のしわやエラの張りが気になる方にはとてもおすすめできる施術です。
まずは美容外科で医師からカウンセリングを受けると安心して施術を受けることができます。

ボトックスの効果