小顔効果が得られるボトックス注射の内容と費用、健康保険について

小顔効果のあるボトックス注射。費用、健康保険

ボトックス治療は健康保険適用外

ボトックス注射による治療は、一般的に知られているものとしてはワキガ治療がありますが、美容整形分野においてはフェイスラインの改善にも利用されます。

ボトックス注射による施術はプチ小顔術の1つに含まれ、行うことでエラの張りをほっそりできる効果を得ることができます。
施術は、気軽にエラを小さくしたい人や、人に知られずに自然に改善をしたい人、手術をせずに小顔効果を得たい人に向いており、注射をするだけの内容となるために短時間で行うことができます。

ボトックス注射で良く勘違いされる内容としてボツリヌス菌の存在がありますが、施術はボツリヌス菌の注射をするのではなく、ここでは、ツリヌス菌が産生するA型ボツリヌス毒素(たんぱく質)、血清アルブミン、塩化ナトリウムを含む薬剤が使用されます。

小顔効果に関しては、骨そのものが突き出ている場合と、筋肉が必要以上に発達している場合との2つの症状がありますが、前者においては外科的な手術による対処が必要になります。
ボトックス注射は後者において有効な施術法となり、筋肉を和らげることで効果を得ることができるようになります。

費用は各クリニックによって大きな開きがあり、1例としては1回の注射で150,000円の場合、38,470円の場合、初回9,070円としている所など様々です。
効果としては概ね3〜4ヵ月は持続させることができるものの定期的に行う場合には費用もかかることになり、施術は事前に料金、内容を確認した上で行うことが大切な条件となります。
また、健康保険が適用にならないことも理解しておく必要があります。

ボトックスの効果