顔や手のひらの多汗症にはボトックス注射が有効

多汗症にはボトックス注射が有効

汗を抑えるためにボトックス注射が有効です

多汗症の治療として高い効果が期待できるのが、ボトックス注射です。
ボツリヌス菌の毒素を人体に安全になるよう精製したもので、神経や筋肉の働きを抑えることができます。

汗腺の働きも弱まるため、汗の分泌も大幅に抑制可能です。
多汗症の治療としてボトックス注射を受ける場合、医師によって日常生活に支障がでるほど汗が出る病気と判断されれば、治療に保険が適応されることがあります。
保険を適用するには、原因不明の過剰な脇の汗が半年以上続いているなど、いくつかの条件が存在するので医師への相談が必要です。
多汗症では脇や顔、手のひらなど汗が出る部位が異なるので、部位によっては保険が適用されない場合もあります。

ボトックス注射は部位によって異なりますが、注射を数十本打ちます。
当然ながら注射針を刺す痛みがあるので、治療を行う前に痛みを和らげる麻酔クリームや表面麻酔を使用します。
痛みに敏感な人のために、局所麻酔やガス麻酔などを用意しているクリニックは沖縄にもあり、麻酔を複数使うことでほとんど痛みは感じなくなります。

ボトックスの効果