わきが治療に用いるボトックス注射のメリットは傷が残らない

ボトックス注射でのわきが治療は傷が残らない

軽度のわきがはボトックスで臭いを軽減できます

わきがの治療法として用いられるボトックス注射は、切開などの必要がなく、手軽に受けられる施術です。
ボトックス注射はボツリヌス菌の毒を脇に注入し、汗腺の伝達物質の分泌を抑制して汗が出るのを抑える治療法です。

中〜重度のわきがの場合、脇を切開してアポクリン腺を直接取り除く剪除法という手術で治療しますが、軽度の場合、ボトックス注射でも十分効果を得られることが分かっています。
ボトックス注射のメリットは、施術自体が短時間で終わり、料金も比較的安価で済むため、手軽さが人気となっています。メスを使わず、注射のみの施術なので、傷跡もほとんど残りません。手術当日に帰宅出来るため、日常生活に支障をきたすことなく普段通りの生活を送ることが出来ます。効果が現れるのも早く、翌日には汗の量が減ったと感じる方も多いようです。

その反面、デメリットもあります。効果は永久的ではなく、個人差もありますが、6か月〜1年程で無くなってしまうことが多いようです。
また、汗を抑える効果はありますが、わきが臭を抑える効果はありません。しかし、汗の分泌は減るため、トータル的に臭いも軽くなります。
ボトックス注射によって、汗の分泌を抑えることにより、脇を乾燥した状態に保ち、雑菌が増殖するのを抑制するため、わきが特有の臭いを軽減できるのです。

軽度の方に向いている治療ですので、施術する際は、病院の医師とよく相談し、自分に合った治療法を選びましょう。

ボトックスの効果